衛生面でも優れている|インビザラインが支持されている理由

衛生的な歯列矯正器具

矯正期間も比較的短い

tooth

白く美しい歯並びは清潔感があり、人に与える印象も良くなります。
また、歯並びが悪いと虫歯や歯周病などになりやすいのです。
そのため歯列矯正のマウスピースを装着する人も増加しています。
名古屋駅近くの矯正歯科では最近インビザラインというマウスピースが人気となっています。
これはプラスチック製なので、透明で目立ちにくく取り外して洗えるので衛生的です。
しかも、インビザラインは矯正中でもホワイトニングもできる便利なマウスピースなのです。
また通常のマウスピースに比べて矯正期間が短いのもインビザラインの利点です。
名古屋駅近くの矯正歯科ではインビザラインを取り入れるところが増えています。
また、インビザラインをメインにした矯正歯科もあるほどです。
名古屋駅でインビザラインを導入している歯科は、インターネットなどで調べることができます。
矯正歯科のサイトでは、インビザラインの特徴や治療法などを詳しく紹介しています。
治療を受けるには、まずカウンセリングを行います。
歯科によってはカウンセリングが無料の場合もあります。
ここでは治療内容や期間、費用などを詳しく説明してくれます。
治療を決めたら口腔内の精密検査をして歯型などを取り、これによって医師が治療計画を立てマウスピースを発注します。
インビザラインはオーダーメイドなのでマウスピースが出来上がるまで、数週間程度かかることがあります。
インビザラインが出来上がると、クリニックでかみ合わせをチェックしたあと装着を始めます。
通常のマウスピースに比べて矯正期間が短いのもインビザラインの特徴です。
気になる人は名古屋駅を利用するついでに近くの矯正歯科で相談してみることをおすすめします。

満足度の高い治療

ウーマン

名古屋駅周辺の歯科医院を調べると、最近では多数のクリニックが矯正治療にインビザラインを取り入れています。
なかにはインビザライン矯正を専門にしているクリニックもあって、名古屋駅エリアでの人気の高さを窺わせます。
従来の矯正治療には「面倒」「痛い」「かっこ悪い」といった印象がありました。
こういったイメージを一新したところが、インビザラインの魅力と言えるでしょう。
名古屋駅エリアで治療を受けた方のうち、9割以上が満足しているというデータもあります。
インビザラインは最初に口の中を検査してから、3Dシミュレーションソフトを使って歯の動かし方を計算し、治療に必要なマウスピースをすべて作ってしまいます。
あとは最終的な目標に向けて、2週間ごとにマウスピースを交換するだけです。
従来のように、歯科医師が歯の動き具合を見ながらワイヤーを調節する必要がないので、通院回数を減らすことができます。
インビザラインで使用するマウスピースは、ごく薄い透明のプラスチックでできているため、装着してもほとんど目立ちません。
少しずつ動かすので違和感や痛みが少なく、発音しにくくなることもありません。
1日に20時間以上は装着しなければなりませんが、食事や歯磨きのときは外せるので、食べかすが詰まったり磨き残しが出たりしないというメリットもあります。
また名古屋駅エリアの歯科医院では、インビザラインと同時にホワイトニングを受けることもできます。

気づかれにくい装置とは

tooth

歯並びの改善におなじみとなっている矯正装置ですが、独特の見た目が気になるという人もたくさんいます。
口元を隠したり笑わないようにしたりのケースが見られ、治療中には様々な我慢が必要です。
そこで注目されているのがインビザラインで、愛知県においては名古屋駅エリアの歯科で治療が受けられます。
比較的新しい技術のインビザラインは、治療できる歯科が一部となっているため、愛知県では名古屋駅エリアで探してみると見つかることでしょう。
インビザラインは透明素材を使用しているため目立たない点に特徴があり、これまでのワイヤーと装置によるコンプレックスを感じることがありません。
マウスピース型のため脱着が可能な点にも選ばれる理由があり、普段の生活スタイルを変えずに矯正が実現します。
例えば装置を外して食事をしたり歯みがきをしたりというスタイルも可能であり、シーンに合わせて脱着できるのは大きな強みといえるでしょう。
また、装置は外してからの洗浄が可能ですので、装着時は常に清潔感が実感でき、金属が苦手な人でも安心です。
矯正装置は定期検査が必要となりますが、インビザラインは完了までのシミュレーションを基に設計されるため、スピーディーな調整も魅力といえます。
名古屋駅エリアであれば交通機関のアクセスが容易ですので、毎日が忙しい人にも最適の治療先といえるでしょう。
また、高速バスや新幹線のアクセスが強みとなる名古屋駅エリアは、遠方からの治療も視野に入ります。